• ホーム
  • ダイエット中の停滞期とリバウンドについて

ダイエット中の停滞期とリバウンドについて

運動している肥満男性

ダイエットで効果が徐々に出始めた頃に、何となく体重が落ちにくくなったと感じる期間があります。
これは停滞期というものであり、体の蓄え、いわゆる脂肪が減ってきたことに体が焦り、抵抗しているために起こります。
体は「やせたい」という、頭での考えを理解していませんので、体重が減ったことに驚き、生命を守るために自動的にそのような反応を起こします。
これはとても大切な働きですが、生活習慣病などの予防のためにダイエットしなければいけない人や、太っている自分にコンプレックスを持っている人にはありがたくない反応です。

停滞期に、がむしゃらにさらなるダイエットを強化しても、あまり良い結果は出せません。
体そのものが次の目標体重に慣れるための期間だと思って、停滞期の間はダイエットを少しだけゆるくする方が、体にも心にも良いです。
停滞期は、軽い運動と軽い食事制限にとどめ、ゆったりと過ごしましょう。

ダイエットにはもうひとつ困ったことがあります。
せっかく目標体重まで到達したにも関わらず、再び体重が戻り、元の姿に戻ってしまうリバウンドです。
体の脂肪を落とすということは、体を飢餓状態にすることです。体内に食べ物が入ってきた時に、体としてはなるべくエネルギーを確保しておかなければ、と判断します。
そのため、少し食べただけでも吸収率が良くなり、太りやすい体質になってしまいます。

リバウンドのせいで、ダイエット前よりも太ってしまったという話もあります。
リバウンドは、短期間でダイエットを行った場合に比較的多くみられます。
リバウンドを防ぐためには、急激で過激な食事制限をしないことです。
きつい飢餓状態で体に危機感を与えないよう、長い期間をかけて少しずつ減量するダイエットが良いです。